チャンスは今日だけ。

今日を逃せば、こんなチャンスない。

大丈夫。今日は、ごまかせる日。




























嘘つきの恋。




























「手塚が、好きなんだ。」


顔が赤くならないように、でも、真剣に手塚の目をじっと見て告げた言葉。

私服に身を包んだ目の前の手塚は、驚きに目を見開いている。

カッコイイなぁ、なんてちょっと悔しいけど思いながら、手塚を見る。

部活も休みの今日、わざわざ手塚ん家の近くの公園に呼び出して告げた言葉。

ずっとずっと、手塚が好きだった。

でも、この感情のせいで関係がギクシャクするのは嫌だから、今日。

今日は、嘘つきの日だから。


「菊丸…?」


困惑したような表情と言葉に、返事を悟る。

よし、笑え、俺。


「なーんちゃって!」


にっこりと笑えば、手塚の困惑したような表情は酷くなった。

困ってる。…ゴメンな、手塚。


「嘘だよーん!!今日はエイプリルフール、でしょ?」


両腕をバッと開いて驚いた?と首を傾げる。

そんな俺を見て、手塚は深々とため息をついた。


「嘘をつく為に、わざわざ俺を呼び出したのか?」

「そうだよ?」


参ったか!と笑うと、手塚は眉間の皺を深々と刻む。

あ、ヤバ。怒らせた…?


「…手塚?」

「俺は、お前が好きなんだがな。」


イライラと告げられた言葉に、俺は目を見開く。

今、なんて…?


「おま、冗談なんて似合わねぇぞ?」

「どうだろうな。」


やっぱり不機嫌そうに言われた言葉に、俺は呆然と手塚を見上げた。

手塚の眉間の皺は全開で、どう見たって不機嫌に見える。

え、いや、まさか、本当に…!?

やばい、我慢してた熱が全部顔に集まってくる…!!

俺がそう慌てた次の瞬間、手塚はふう、とため息をつく。


「冗談だ。」


…?

まさか手塚が冗談なんて言うと思わなくて、俺の脳は一瞬思考を停止する。


「へ…?」

「エイプリルフールだと言ったのはお前だ。」


少し呆れたように俺を見る手塚を見上げながら、

手塚も冗談なんて言うんだ、と思った。

勿論良い返事なんて期待してなかったけど、持ち上げた後に突き落とされた気分。

結構、切ない。

呆然と手塚を見上げると、


「どれだけ不快か、わかったか?」


不機嫌そうに、そう言った。









不快。









「あ、そだ、ね。…あはは。」


不快。

そう、手塚は言った。

不快だったんだ、手塚は。俺に、好きだって言われたことが。

当然か、同性だし。

でも、


「はは…ゴメ、ン、な…手塚。」


でも、さ。

ちょっと、キツいかもしんない。

持ち上げられて、突き落とされて、更に鈍器で殴られた感じ?

笑ってる頬が引きつってるかもしんない。

もしかして、泣いてるかもしんない。

はは、と渇いた笑いを繰り返している俺を見ながら、手塚は小さくため息をつく。









「好きな相手に告白されて、すぐ後に冗談と言われることは、酷く不快だろう?」









言葉の意味を理解する前に、頭を抱き込まれた。


「泣くな、菊丸。」


何が起こったか理解出来なくて呆然としている俺のすぐ近くで、聞いたこともないような音をしている手塚の声が聞こえる。

どうやら俺は泣いていて、どうやら手塚に抱きしめられているらしい。

呆然としたままされるがままになっていたけれど、

ぎゅう、と抱きしめられている頭が苦しくてもがくと、手塚は腕の力を緩めてくれた。

顔を上げれば、困ったように微笑んでいる手塚の顔。


「泣くな。」

「泣いてなんか…。」


反論しようとした俺を見下ろして、手塚は俺の目の端に溜まった涙を掬う。

その仕草が優しくて、信じそうになって、ぼやけていた目の前がついに見えなくなってくる。


「こんな、手の込んだ、嘘…つく、なっ…!!」


叫んで腕から抜け出そうともがくと、凄く強い力に抱き込まれた。

痛いのに、嬉しいなんてどうかしてる。

痛くてもいいからこのままでいたいなんて、どうかしてる。

でも、


「俺もお前が好きだ、菊丸。」


ごまかせる日じゃないと言えない程、手塚が好きだって事は、知ってる。


「嘘つきの癖に…。」

「もとはと言えば、お前がごまかすからだろう。」


キッと見上げれば、嬉しそうに笑う手塚が目に入って。

あぁ、信じて良いんだって思って。

…嬉しくて、泣けてきた。


「泣くな、菊丸。」


困ったような優しい声が、俺の耳元で響く。

無理。マジ、無理だから。

言葉に出来なくて首を左右に振ると、おでこのてっぺんに暖かい何か。

余計泣くって事、気付け、バカ。





ごまかすことが出来ないと伝えられない程、君が好き。

そんな、嘘つきの恋。















end.




+あとがきっつーかぼやき?+

 エイプリルフールおめでとうですぜイエア!!何気にもう遅めですぜこんちくしょい★
 ラジオで男の人が男の人に嘘で告られてテンション下がるわーってネタがあったので、
 じゃあ塚菊で!!とか即思った私はもう末期。わかってるよ!イエイ!!!
 なんか英二が女っぽくてちょっぴり違和感?でも、最近うちの英二可愛げないからなぁ…。
 理想はちゃんと男の子で可愛げのある英二なのに…!!
 他サイトさんを見て勉強しなければ…ムムム。
 変なコメント…眠さ爆発です。ごめんなさいっ!!!

2005-04-03 茶瓜。

 …えーっと、何処が4月3日…?ごめんなさいごめんなさい!!!
 日付だけ改めさせていただきます…!!!!

2005-04-16 茶瓜。